画像
カーエアコンのガスクリーニング、してみませんか?

  • HOME
  • その他
  • カーエアコンのガスクリーニング、してみませんか?

title

エアコンガスの正確な充填及びクリーニングで、冷却効率アップ!

 エアコンの冷えが悪くなるのは、なぜ?

カーエアコンの冷媒に使用されているガスは、毎分5~6回システム内を循環して、気体(低圧)⇔液体(高圧)の状態変化を繰り返し、冷媒の役割を果たしています。

このような状態変化を繰り返すことで、コンプレッサー内部で発生した汚れ、湿気等の不純物を含むことによって、次第に冷房効率が落ちていきます。

 エアコンをつけると、燃費が悪くなる?

タイヤの空気圧が少しずつ下がっていくのと同様に、正常なエアコンでも少しずつガスは減っていくものです。冷やすために必要なガスの量を下回ると、結果として燃費が悪くなります。オートエアコンの場合も、ガスが少ないと、センサーからの指令でもっと冷やそうと余分に回転するので、燃費が悪くなるのです。

また、エアコンの冷えが悪いと感じると、私たちはさらに設定温度を下げ、風量を上げて、今まで以上にエアコンを動かそうとします。そのためコンプレッサーの稼働時間が増え、余分な負荷をかけてしまい、燃費が悪くなってしまいます。

 エアコントラブルの原因にも

エアコンのコンプレッサーがより多く回転するということは、消耗も早くなり故障の原因になります。

また、前述したように、湿気を含むことで冷却システムの『サビ』や『詰まり』の原因となり、エアコントラブルにもつながってしまいます。

そこでおすすめ!エアコンガスクリーニング

 そこでおすすめ!エアコンガスクリーニング

エアコンガスクリーニングとは…

①まず車のエアコンシステムから、冷媒であるフロンガスや不純物を回収します。

②抜き取ったものの中から、不純物すなわちスラッジなどの異物を除去し、水分とわずかながら混ざっているコンプレッサーオイルを分離します。

③真空引きを行います。

④新しいコンプレッサーオイルを補充します。添加剤配合のオイルを使用しますので、コンプレッサーの抵抗を軽減し、エアコンシステムの寿命の延長、燃費の改善につながります。


⑤減ってしまっていたガスを定量まで補充します。
⑥エアコンの効き具合をチェックし、作業前後の温度差をお伝えします。また、作業結果をプリントアウトし、ご覧いただけます。(ガス充填量、回収量、追加量等)


作業時間 20分~

定価 ¥9,800/台
  定期的に受けていただけるよう、お得なキャンペーンもございます。


※エアコンシステムの不具合によるガス漏れ等の故障の場合には、故障個所の修理を行ったのち、クリーニングを実施していただくことをおすすめします。故障したままクリーニングを行っても効果はございません。

 最新の機器により、正確に既定のガス量を補充いたします

エアコンガスは経年により少しずつ漏れていくので、新車から数年経っても規定量に近い量のガスが入っているお車というのは、実はわずかしかありません。規定量に対して半分ほどのガスしか入っていないお車も見受けられます。
最近のほとんどのお車には、エアコンガス量を目視で確認する目安となる「サイトグラス」という窓がありません。

当社のエアコンガスフレッシャーは、ガスを一旦全部抜き、汚れや水分をクリーニングして、真空引きをした後に規定量を正確に充填するため、ガスの入れ過ぎや少なすぎる事はありません。

 1年に一度のエアコンガスクリーニングを

定期的なメンテナンスを行うことで安定したエアコン性能を維持することができます。1年または20,000kmごとの定期的なエアコンガスクリーニングをおすすめします。

その他の他のページ

  • カーエアコンのガスクリーニング、してみませんか?

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!